logo

NEC、仮想アプライアンス製品「InterSecVM」を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは1月14日、仮想アプライアンス製品「InterSecVM(インターセック・ブイエム)」の販売を開始した。

 InterSecVMは、同社製のアプライアンスサーバ「Express5800/InterSec」を仮想アプライアンスとして製品化したもの。メール用のInterSecVM/MW、プロキシ/ウェブフィルタリング用のInterSecVM/CS、ロードバランサ用のInterSecVM/LBの3機種を提供する。

 VMware社のハイパーバイザー型仮想環境(VMware)上で動作し、VMwareに読み込ませるだけで導入でき、導入企業の業種を問わず、仮想環境ネットワークの構築と運用を実現できるという。仮想環境上で動作するため、物理的な制約を受けにくく、サーバ統合や、クラウド環境にも適しているという。

 希望小売価格は税別で、InterSecVM/MWが41万円、InterSecVM/CSとInterSecVM/LBが64万円となっている。出荷時期は各製品ともに2月5日から。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]