logo

Twitter利用者の8割がフォロー数/フォロワー数とも10人以下--NTTアド調べ

鳴海淳義(編集部)2010年01月14日 15時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エヌ・ティ・ティ・アド(NTTアド)1月14日、TwitterやAmebaなうなどのミニブログサービスの利用実態に関する調査結果を発表した。調査では以下のようなことが明らかになった。

  • ミニブログの利用頻度は1日4回以下がユーザーの6割以上
  • ミニブログの利用時間は個人により差が大きいが、2年前に比べて利用時間が伸びる傾向にある
  • Twitter利用者の大半が、フォローしている人数/フォローされている人数とも10人以下に留まる
  • 現在、ミニブログは、自分で書き込むよりも、ほかのユーザーの書き込みから情報を得る利用のほうが多い
  • メリットは「共通の話題・趣味を持つ人の書き込みを見たり、書き込みができる」こと
  • 女性のほうがミニブログの「自由」「気楽」な雰囲気を楽しむ反面、他のユーザーの視線を気にする傾向にある
  • デメリットは「いろいろな書き込みが混在する」こと。だが、デメリットを感じていないユーザーも3割

 NTTアドは2007年にも「ソーシャルネットワーキングサービスとミニブログの利用実態調査」というレポートを発表している。ミニブログとは、短文のメッセージや日記などを書き込む簡易型ブログのことで、代表的なサービスにAmebaなうやTwitter、はてなハイクなどがある。閲覧も含めたミニブログへのアクセス頻度は1日平均5.2回と、2年前の調査時のほぼ3倍となり、男女とも数字を伸ばした。

100114_nttad1.jpg

 1日の利用時間の平均は約26分。特に男性は2年前に比べ、12分近く利用時間が延びている。

100114_nttad3.jpg

 Twitter利用者のフォローしている人数(フォロー数)とフォローされている人数(フォロワー数)は、ともに「10人以下」という回答が全体の8割近かった。なお、100人以上という回答者は約7%。

100114_nttad5.jpg
100114_nttad6.jpg

 普段、ミニブログをどのように利用しているか質問したところ(複数選択)、最も多かったのは「他の人の日常生活に関わる書き込み/トピック(日記・感想・記事)を読む」(65.5%)、次いで「自分の書き込み/トピックに対する他の人のコメントを読む」(35.5%)、「日常生活に関わる書き込み/トピック(日記・感想・記事)を書く」(31.5%)だった。

女性では「有名人・知識人の書き込み/トピックを読む」という回答が「自分の書き込みに対するコメントを読む」と並んで2番目に多かった。

100114_nttad7.jpg

 調査期間は2009年12月18日から12月22日。調査対象は10代〜50代の男女個人のミニブログ利用者200名。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]