logo

オリンパス、HD動画対応の7倍ワイドズームを搭載した「μ-7040」ほか2機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは1月14日、コンパクトデジタルカメラにおいて、ハイビジョン動画撮影対応の「μ-7040」、水深3mの防水機能を備えた「μTOUGH-3000」、単3乾電池駆動の「FE-47」の3機種を発表した。

 μ-7040は、7倍ズームと奥行き25.9mmの薄型ボディを採用した。撮像センサには、1/2.3型1400万画素CCDを搭載。手ブレを打ち消す方向にCCDを動かすCCDシフト式手ぶれ補正機構と高感度撮影を組み合わせた「DUAL IS」を備える。

 ビデオ撮影は1280×720ドットのハイビジョンサイズと動画圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264に対応。ムービー撮影専用ボタンにより、ワンタッチで撮影をスタート/ストップできる。

 2Gバイトメモリを内蔵したほか、外部メディアとしてSDカードに対応する。本体カラーはチタニウムシルバー、ピンク、ライトブルーの3色。発売は1月下旬。店頭想定価格は3万円台後半になる。

「μ-7040」 「μ-7040」

 μTOUGH-3000は、「μTOUGH(タフ)」シリーズの防水・防塵、耐衝撃、耐低温の3大タフ性能を備えたモデルだ。

 有効画素数は1200万画素。ビデオ撮影は1280×720ドットのハイビジョンサイズに対応し、MPEG-4 AVC/H.264により長時間記録を実現。また、1Gバイトの内蔵メモリを搭載し、SDカードにも記録が可能だ。本体カラーはピンクとブルーの2色となる。発売は2月中旬。店頭想定価格は3万円前後となる。

「μTOUGH-3000」 「μTOUGH-3000」

 「FE(ファッショナブル&エレガント)」シリーズのFE-47は、単3乾電池駆動で1400万画素の1/2.33型CCDを内蔵。光学5倍ズームレンズを搭載する。

 奥行き27.3mmの薄型ボディに、シーンに合わせて自動的に最適な設定で撮影できる「おまかせ♪iAUTO」などの最新機能を搭載。モードダイヤルを「iAUTO」に合わせれば自動的にシーンを判別して撮影できる。本体カラーはシルバーのみとなる。発売は1月下旬。店頭想定価格は1万円台後半となる。

「FE-47」 「FE-47」

-PR-企画特集