logo

ACCESS、NetFrontブラウザ新版を発表--JavaScriptエンジンを20倍高速化

永井美智子(編集部)2010年01月14日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACCESSは1月13日、携帯端末や情報家電向けブラウザの最新版「NetFront Browser v4.0」を発表した。エンジンを刷新し、JavaScriptの読み込みを旧版比で20倍高速化したという。

 NetFront Browserは世界の携帯電話や情報家電などに採用されている。米調査会社comScoreの調べによると、米国、フランス、ドイツ、英国、イタリア、スペイン市場の携帯電話機種で最も多くの機種に搭載されているという。NetFrontシリーズの累計搭載台数は全世界で1960機種、8億4700万台にのぼるとのことだ。

 NetFront Browser v4.0の第一弾として、同日よりWindows Mobile向けのコンセプト版をACCESSのサイトにて無料で提供している。今後はWindows Mobile以外の主要OSや情報家電向けにも提供していくとのことだ。

 なお、NetFront Browser v4.0のアプリケーションおよび移植層のAPIは、旧版のNetFront Browser v3.5と互換性があるとしている。

20100113_01.jpg NetFront Browser v4.0(左)とNetFront Browser v3.5(右)のJavaScriptエンジン実行速度比較

-PR-企画特集