logo

7.2Mbpsの高速データ通信が可能になったW-ZERO3の進化系--ウィルコム「HYBRID W-ZERO3」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィルコム
WS027SH
内容:ウィルコムから1月28日に発売予定のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3(WS027SH)」。今まではPHSの通信網を利用するW-SIMに対応していたが、新たに携帯電話で利用されているSIMにも対応。今回はNTTドコモのFOMA通信網を使ったHSPAも利用できる。

 ウィルコムから1月28日に発売予定のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3(WS027SH)」。今まではPHSの通信網を利用するW-SIMに対応していたが、新たに携帯電話で利用されているSIMにも対応。今回はNTTドコモのFOMA通信網を使ったHSPAも利用できる。これにより下り最大7.2Mbps、上り最大5.4Mbpsを実現している。

  • 「HYBRID W-ZERO3(WS027SH)」。サイズは約高さ16.9mm×幅120mm×奥行き53mm(閉じたとき)、質量は約158g(バッテリ含む)

 さらに、W-SIMとして「RX430AL」が利用できる。64QAM(64Quadrature Amplitude Modulation)をサポートした高度化通信規格「W-OAM typeG」により、通信速度が最大約400kbpsとなっている。

 OSはWindows Mobile 6.5 Professional。CPUはMSM7200A(528MHz)、メモリは190Mバイト、ディスプレイは480×854ドットで約26万2000色。

  • HYBRID W-ZERO3は、「W-OAM typeG」に対応した「RX430AL」が利用可能。頭の部分が黒色をしているため、通称“黒耳”と呼ばれている

  • OSはWindows Mobile 6.5 Professional。CEのバージョンは5のまま

  • CPUはMSM7200A。アプリケーションプロセッサとしてARM11を搭載し、600万画素までのカメラ、VGA/24fpsのビデオなどに対応している

3G対応で通信速度はアップ

 通信機能が充実したHYBRID W-ZERO3。W-SIMとSIMの切り替えは、「接続」-「既存の接続を管理」で設定。W-SIMを使いたい場合は「CLUB AIR EDGE」を、SIMを使いたい場合は「CLUB AIR EDGE 3G」を利用する。プリインストールされているブラウザはInternet Explorer Mobileのみ。そこで、W-SIM(PHS)のW-OAMを利用した場合と、SIM(3.5G)を利用した場合の差を比べてみた。CNET Japanのトップページを「最新の情報に更新」した場合、W-SIMだと平均して約22.5秒、SIMだと約15.8秒。W-SIMだと何回測定しても20秒以上かかっていたところ、SIMだとすべて20秒以下に収まった。通信速度の差が確認できた。

 ウィルコムでは、次世代高速データ通信「WILLCOM CORE XGP」を開始済みだ。W-SIMを使ったデータ通信について今後大幅に高速化しない可能性もある。ただし、現状のW-SIMでは、携帯電話事業者がサービスしている通信速度からみると見劣りすることは否めない。そこでXGPを搭載したW-ZERO3の登場まで、HSPAを活用したのかもしれない。実際、XGPやWiMAXのサービスが本格化するまでは、サービスエリアの広さの面でもHSPAは強力な武器になりそうだ。

  • 本体の蓋を外してW-SIMの取り付け、取り外しを行う

  • SIMカードスロットは電池蓋を外すと現れる。スロットは2カ所あるが、中央のスロットは使用しないとのこと

  • ワイヤレスマネージャーでW-SIM、SIM(WCDMA)の機能のON/OFFなどが可能

  • W-SIM、SIMのどちらを使用して通信するかは「接続」-「既存の接続を管理」で設定する

  • CNET Japanを表示させているところ。表示時間を比べると、HSPAの速度が実感できた

-PR-企画特集