logo

IBM、2009年の特許取得件数でトップ--17年連続首位を達成

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉2010年01月13日 12時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMが特許取得件数でまたもや頂点に立った。

 同社は2009年に4914件の特許を取得し、米国特許の獲得件数で世界最多の企業として17年連続で首位となった。2位のサムスン電子は3611件の特許を取得し、Microsoftは2906件で3位となった。

 IBMが2009年に取得した特許のうち、同社のスーパーコンピュータ「Blue Gene」向け内部通信ネットワークが適切に稼働することを確実にする発明の1件だけは、IBMの発明家であるJohn Gunnels氏に与えられた。

 2009年に5000件弱の特許を取得したIBMは、今や3万件以上の米国特許を保有している。同社は、2009年に取得した特許のほかにも、特許による保護を受けずに4000件もの技術的発明や製品を同年中に公開したことを指摘した。これらはすべて、ビジネス界におけるイノベーションを強化促進する手段として無料で入手できる。

 2009年の特許に関するその他のニュースとして、IFI Patent Intelligenceは米国時間1月12日、外国企業が米国特許全体の51%を取得し、残りの49%を取得した米国企業をわずかに上回ったと述べた。これにより、米国企業の特許取得件数は、2年連続で外国企業の取得件数を下回った。

 ただし2009年には、多様な米国企業が2008年よりも多くの特許を取得した。IBMが首位を保ったほか、Microsoftは前年比43%増の特許を取得して3位の座を勝ち取った。2009年の上位50社のうち、Boeingは前年比26%増、Ciscoは同30%増、GM Global Technology Operationsは同68%増の特許をそれぞれ取得した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]