logo

東芝、ポータブルテレビ「ポータロウ」にLEDバックライト液晶を採用

加納恵(編集部)2010年01月12日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月12日、ポータブル液晶テレビ「ポータロウ」シリーズにおいて、LEDバックライト液晶を搭載した「SD-P12DT」を発表した。従来機に比べ、約35%の省エネを実現しているという。2月1日に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格は5万円前後となる。

 SD-P12DTは、12V型のLEDバックライト液晶に、地上デジタルチューナー、SDカードスロット、DVDプレーヤーを内蔵した。DVDプレーヤーではDVD-R、DVD-RW、CD-R、CD-RWの再生に対応。SDカードに記録されたMP3、WMA、JPEG静止画も再生できる。

 本体サイズは高さ326mm×幅342mm×奥行き73mmで、重量は2.8kg。ACアダプタのほか、専用のリチウムイオンバッテリパックを使用すれば、最大約4時間の連続再生が可能だ。

 ボディカラーはグロッシーブラックとポーラーホワイトの2色を用意する。

「SD-P12DT」 「SD-P12DT」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]