USEN、ISP事業を19億6800万円でSo-netに譲渡

岩本有平(編集部)2009年12月25日 15時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 USENは12月24日、ソネットエンタテインメント(So-net)へISP事業を譲渡することを発表した。

 USENでは11月25日、So-netへのISP事業譲渡に関して合意した旨を発表していたが、12月24日に事業譲渡契約を締結。2010年2月1日より、FTTHサービス「GyaO 光 with フレッツ」「GyaO BB ベーシック」「GyaO SA 光 with フレッツ」「GyaO SA」の4事業をSo-netに移管する予定だ。4事業のユーザー数は約23万人、譲渡額は19億6800万円。

 USENの発表によると、2009年8月期の同事業の売上高は26億7500万円、営業利益は4億4400万円の赤字だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加