テーマは「よりどころ」--コクヨデザインアワード2009に選ばれた文具や家具

鳴海淳義(編集部)2009年12月22日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 コクヨは12月21日、優れた商品デザインを一般から募集する「コクヨデザインアワード2009」で、国内外から応募された合計1517作品(国内1294点、海外223点)を審査し、受賞作品10作品を決定した。コクヨデザインアワードは2002年にスタートし、2009年で8回目。

 今回のテーマは「よりどころ」。家族や友人が安心して使えるステーショナリー、ともに働く仲間たちの活力を支えてくれるファニチャー、いざというときに役に立つもの、なくてはならないもの、といった視点でアイデアを募集したという。

 写真はグランプリの「roots」(ワーキングテーブル)。テーブルの脚とケーブルカバーに連続性を持たせることにより、ケーブルラインをスマートに処理する。
Scroll Right Scroll Left

 コクヨは12月21日、優れた商品デザインを一般から募集する「コクヨデザインアワード2009」で、国内外から応募された合計1517作品(国内1294点、海外223点)を審査し、受賞作品10作品を決定した。コクヨデザインアワードは2002年にスタートし、2009年で8回目。

 今回のテーマは「よりどころ」。家族や友人が安心して使えるステーショナリー、ともに働く仲間たちの活力を支えてくれるファニチャー、いざというときに役に立つもの、なくてはならないもの、といった視点でアイデアを募集したという。

 写真はグランプリの「roots」(ワーキングテーブル)。テーブルの脚とケーブルカバーに連続性を持たせることにより、ケーブルラインをスマートに処理する。

 コクヨは12月21日、優れた商品デザインを一般から募集する「コクヨデザインアワード2009」で、国内外から応募された合計1517作品(国内1294点、海外223点)を審査し、受賞作品10作品を決定した。コクヨデザインアワードは2002年にスタートし、2009年で8回目。  今回のテーマは「よりどころ」。家族や友人が安心して使えるステーショナリー、ともに働く仲間たちの活力を支えてくれるファニチャー、いざというときに役に立つもの、なくてはならないもの、といった視点でアイデアを募集したという。  写真はグランプリの「roots」(ワーキングテーブル)。テーブルの脚とケーブルカバーに連続性を持たせることにより、ケーブルラインをスマートに処理する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加