フォトレポート:遠隔作業機がとらえた深海火山の噴火

文:CNET News Staff 翻訳校正:編集部2009年12月21日 13時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 太平洋のフィジー、トンガ、サモア周辺海域の海底約4000フィート(1.22km)で、深海火山の噴火が初めて高解像度動画および静止画に収められた。撮影に成功したのは、米海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration:NOAA)および米国立科学財団(National Science Foundation:NSF)が資金提供するプロジェクトだ。ここでは、その画像の一部を紹介する。

 この画像は、火山灰と岩石を吹き出す西マータ火山の頂上付近の噴火。画像は、山頂付近に広がる約100ヤード(91.44m)の噴火領域内にある幅約6フィート(1.8m)の部分をとらえている。
Scroll Right Scroll Left

 太平洋のフィジー、トンガ、サモア周辺海域の海底約4000フィート(1.22km)で、深海火山の噴火が初めて高解像度動画および静止画に収められた。撮影に成功したのは、米海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration:NOAA)および米国立科学財団(National Science Foundation:NSF)が資金提供するプロジェクトだ。ここでは、その画像の一部を紹介する。

 この画像は、火山灰と岩石を吹き出す西マータ火山の頂上付近の噴火。画像は、山頂付近に広がる約100ヤード(91.44m)の噴火領域内にある幅約6フィート(1.8m)の部分をとらえている。

提供:NOAA and NSF

 太平洋のフィジー、トンガ、サモア周辺海域の海底約4000フィート(1.22km)で、深海火山の噴火が初めて高解像度動画および静止画に収められた。撮影に成功したのは、米海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration:NOAA)および米国立科学財団(National Science Foundation:NSF)が資金提供するプロジェクトだ。ここでは、その画像の一部を紹介する。  この画像は、火山灰と岩石を吹き出す西マータ火山の頂上付近の噴火。画像は、山頂付近に広がる約100ヤード(91.44m)の噴火領域内にある幅約6フィート(1.8m)の部分をとらえている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加