2010年国内IT市場でキーとなる10項目--「ニューノーマル」の時代に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは12月15日、2010年国内IT市場でキーとなる技術や市場トレンド、ベンダーの動きなど主要10項目を発表した。2010年は経済と国内政治情勢の不透明感から、企業は国内の投資全般に慎重な姿勢を継続するが、その一方で、投資抑制が仮想化やクラウドへの移行を加速させる。さらに、地球温暖化対策やインフラなど社会全体のエネルギー効率改善に向けた大規模なプロジェクトが動きはじめる。

 経済危機を経験する前後でビジネス環境は大きく変革し、市場の規模、消費行動、政府の方針、企業活動の根幹をなす会計基準の大幅な変更など、新しいルールへの乗り換えが迫っている。IT分野での仮想化やクラウドの流れも、これまでとは次元の異なる競争ルールへの移行が必定であり、しかもそれぞれが相乗的に相手の変化を加速させていると同社ではみている。

 2009年から2010年にかけて起こることは、大きな断層をまたぐことに等しく、それは今話題となっている「ニューノーマル」という言葉で表現される時代に入ろうとしているという。その上で同社が取り上げた2010年の国内IT市場主要10項目は以下の通り。

  1. 国内IT市場は2009年に大幅縮小し、2010年はきわめて低い成長率に留まる。
  2. 仮想化の対象がストレージやネットワーク機器にも拡大し、ITインフラの統合管理ツールへの需要が本格化する。
  3. クラウド上でのシステム/アプリケーション開発環境が整い、クラウドへの流れが加速する。
  4. 新政権による政策の追い風を受け、地球温暖化防止に向けたITの利活用が本格化する。
  5. スマートグリッドへの取り組みなど、社会インフラ向け大規模システム開発が新たなテーマとして浮上する。
  6. 高速無線データ通信サービスの開始によって、消費活動に連携したアプリケーションの多様化が進む。
  7. パンデミックへの対応を契機に、ユニファイドコミュニケーションの本格導入が始まる。
  8. クラウドへの対応が新たなハイブリッドセキュリティ対策需要を喚起する。
  9. システム開発のグローバル化と、国内SI事業の再編が加速する。
  10. 市場分析/経営分析ツールが注目を集め、BI/BA市場が急拡大する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加