logo

中国での「iPhone」販売台数、10万台を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国聯通(China Unicom)はこのほど、中国における「iPhone」の販売台数が、10月31日の発売開始以来で10万台を超えたと発表した。発売開始の一週間で5000台しか売れなかった状況から、販売が上向いていることは明らかである。しかし、10万台という数字は、China Unicomの総契約者数である1億4400万人と比べると依然として少ない。

 iPhone向け中国市場は、他の国ほど堅調ではないかもしれない。その理由として、iPhoneが中国では高価で(最大1025ドル)、Wi-Fi機能を搭載していないことが挙げられる。また、中国で生産されたが中国政府のライセンスを受けていない、ジェイルブレイク(脱獄行為)されたiPhone向けに、グレー市場が活況を呈していることも要因であると思われる。

-PR-企画特集