logo

Lunascape、Firefoxのアドオンに対応した「Lunascape 6.0 ORION」正式版を公開

岩本有平(編集部)2009年12月11日 18時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lunascapeは12月11日、ウェブブラウザ「Lunascape 6 ORION」正式版を公開した。公式サイトより無料でダウンロードできる。

 Lunascapeは、Tridendをはじめ、Gecko、WebKitの3つのレンダリングエンジンを切り替えて利用できる国産のウェブブラウザだ。

 これまでLunascapeは、同ブラウザ専用のアドオンのほか、Internet Explorer用のアドオンに対応していた。最新版ではこれに加えて、Firefox用のGeckoアドオンにも対応。Firefox向けに公開されている6000以上のアドオンを利用できるようになった。

カスケード表示 3つのレンダリングエンジンを並べて表示できる「カスケード表示」も可能

 また、シンプルなデザインの新ブラウザスキン「ORION」を追加したほか、タブの追加や削除時に中間アニメーションを表示して体感速度の向上を図った。起動速度も高速化しており、Geckoアドオンを16個追加した場合のFirefox3.5.5の起動速度が1199ミリ秒なのに対して、Lunascapeの起動速度は781ミリ秒となっている。またJavaScriptの動作についても、Firefox3.5.5より高速であると説明する。

「Lunascape 6 ORION」 「Lunascape 6 ORION」

-PR-企画特集