logo

頓智・、DCMやITVから400万ドルの増資--「セカイカメラ」の世界進出図る

岩本有平(編集部)2009年12月09日 17時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneアプリケーション「セカイカメラ」を提供する頓智・(トンチドット)は12月8日、400万ドルの増資を実施したと発表した。

 セカイカメラは、iPhoneのカメラで撮影した現実の映像に「エアタグ」と呼ばれる情報をオーバーレイ表示できる拡張現実(AR:Augmented Reality)アプリケーション。ユーザーはエアタグを投稿したり、ほかのユーザーが投稿したエアタグを閲覧したりできる。

 頓智・ではシリーズAラウンドとして、米国、日本、中国に拠点を持つベンチャーキャピタルであるDCMおよび、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)から合計400万ドルの増資を実施した。またこれにあわせて、DCMの本多央輔氏、ITVの小川剛氏がそれぞれ頓智・の社外取締役に就任している。

 頓智・代表取締役の井口尊仁氏は、海外向けのプレスリリースで「我々はグローバルな能力と太平洋地域や米国のマーケットで専門知識を持つ投資パートナーを得た」とコメントしており、今回の増資を元に世界展開を進める予定。

-PR-企画特集