logo

ブライツコンサルティング、「現地言語表記.eu」ドメイン登録の受付を12月10日より開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブライツコンサルティングは、ヨーロッパ連合(EU)の「現地言語表記.eu」の多言語国別ドメイン登録の開始にともない、新ドメインの登録申請受付を開始する。

 登録は、現在の「アルファニューメリック(半角英数およびハイフン)表記.eu」と同様に、ヨーロッパに住所のある個人や企業のみが対象。登録受付は12月10日からで、優先登録期間(Sunrise Period)はない。

 これまでEUでは、トップレベルドメイン(TDL)はアルファニューメリック表記のみ登録可能だったが、Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)が、多言語国別ドメイン・ファスト・トラックプロセス(IDN ccTLD Fast Track Process)の申請受付を開始したことをうけ、TLD「.eu」を管理するレジストリ「EURid」が、現地言語表記.euの多言語国別ドメインの登録開始を発表した。

 これにより、ギリシア語、ドイツ語、ルーマニア語、ブルガリア語などを含む計23言語の文字が、ドメインとして登録可能となる。

 なお、今回新たに登録される現地言語表記.euについては、「a」にドイツ語の「ä」を使用するなど、すでに登録済みのアルファニューメリック表記ドメインに類似するドメインに関する登録規制はない。そのため、ブライツコンサルティングでは、商標保護のために、類似するドメインの登録を検討する必要があるとしている。

-PR-企画特集