logo

ニコニコ動画、1人あたりの利用時間でYouTubeを離す

臼井俊介(ネットレイティングス アナリスト)2009年12月01日 19時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先ごろ弊社ニュースリリースでは、「mixiアプリ効果でmixiの総利用時間が急増、YouTubeを抜く」との見出しで、mixiの総利用時間が大きく増加し、YouTubeを抜いたことをご紹介したが、実はもう1つ利用時間において大きな動きがあった。サイト全体の総利用時間ではなく、利用者1人あたりの利用時間を見た場合、ニコニコ動画の利用時間が動画サイトの雄であるYouTubeを抜いたのである。

 まずは下記表を見て欲しい。

1人当たりの月間利用時間
2009年7月2009年8月2009年9月2009年10月
YouTube1時間45分1時間46分1時間36分1時間42分
ニコニコ動画1時間41分1時間37分1時間53分2時間07分
source:Nielsen Online NetView 2009年7月〜10月 家庭からのアクセス

 実を言うと、利用者数が少なかった2007年頃は、ニコニコ動画の1人あたりの利用時間が3時間を超えることもあったものの、ここ1年の間はYouTubeとニコニコ動画の1人あたりの利用時間は、ほぼ同じくらいで、2〜3分程度の差で抜きつ抜かれつの状況を繰り返してきた。しかし、ここへ来て、ニコニコ動画が20分以上の差をつける大きな伸びを見せた。

 この利用時間の伸びを牽引しているのが、ニコニコ生放送やニコニコチャ ンネルである。

1人当たりの月間利用時間
コンテンツ
(サブドメイン)
2009年7月2009年8月2009年9月2009年10月
ニコニコ動画
(www.nicovideo.jp)
1時間31分1時間29分1時間44分1時間47分
ニコニコ生放送
(live.nicovideo.jp)
1時間25分1時間08分1時間59分1時間46分
ニコニコチャンネル
(ch.nicovideo.jp)
4分33秒11分21秒7分46秒10分36秒
source:Nielsen Online NetView 2009年7月〜10月 家庭からのアクセス

 特にニコニコ生放送の利用時間の伸びが大きく、9月〜10月は、楽天イーグルスの公式戦生放送や、パ・リーグ クライマックスシリーズが特に利用者を集めていた。テレビでは野球中継の衰退が叫ばれて久しいが、配信エリアが限定されないインターネット中継のコンテンツとしては、大きな存在感を示したとも言える。

基本指標(2009年10月)
利用者数総利用時間1人あたり訪問回数1訪問あたり利用時間
YouTube1,997万人2,042,977千分6.4回16分07秒
ニコニコ動画656万人834,977千分7.5回16分57秒
source:Nielsen Online NetView 2009年10月 家庭からのアクセス

 利用者数で比較すると、YouTubeの利用者は2,000万人近くおり、ニコニコ動画の3倍以上である。総利用時間についても、依然として圧倒的にYouTubeのほうが多い。しかし、利用者1人あたりの訪問回数や1訪問あたりの利用時間においては、わずかではあるが、ニコニコ動画がYouTubeを上回り、サイトに対するロイヤリティが高いことがわかる。

利用者属性(2009年10月)
性別利用状況利用者数(万人)
男性/女性
構成比(%)
男性/女性
YouTube1,113/88456/44
ニコニコ動画399/25761/39
年代別利用状況YouTube
利用者数(万人)/構成比(%)
ニコニコ動画
利用者数/構成比
2-19372/19124/19
20-29426/21196/30
30-39471/24148/22
40-49393/20112/17
50-59219/11124/9
60-115/618/3
source:Nielsen Online NetView 2009年10月 家庭からのアクセス

 利用者の属性については、10月27日のニュースリリースにも掲載していたが、ニコニコ動画のほうがやや男性、若年層に偏りがある。一方のYoutubeは、ニコニコ動画と同様20歳未満が19%を占める一方で、50歳以上の利用者も17%を占めており、広い世代から支持されていることがわかる。

 ロイヤリティの高い利用者を集め、1人あたりのサイト利用時間が増加傾向にあるニコニコ動画。一方で幅広い世代から支持を集め、動画サイトの中では圧倒的な利用者数を誇る YouTube。これに、先日ニュースりリースでもご紹介した、動画配信サイト利用者数第2位となったGyaO!を交え、動画配信サイト3強の戦いは今後も楽しみである。

-PR-企画特集