logo

「Twitter」、2009年の英単語に--Global Language Monitor発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Twitter」が英語における「Top Word of 2009」(2009年の単語)に選ばれたと、全世界での言語使用を調査するGlobal Language Monitorが米国時間11月29日に発表した。Twitterは「Obama」や「H1N1」などの単語を抜いて頂点に立った。Global Language Monitorはこのデータを集めるために、「Predictive Quantities Indicator」と呼ばれる独自のアルゴリズムを利用し、メディアやインターネットで使われている単語を追跡しているという。

-PR-企画特集