logo

NEC、SD映像をフルハイビジョンに変換する「超解像トランスコーダ」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは11月30日、標準映像(SD)をフルハイビジョン映像に変換する超解像トランスコーダ「SRVC(エスアールブイシー)-1000」を製品化したと発表した。希望小売価格は298万円(税別)から。12月24日からの出荷を予定し、放送事業者を主なターゲットにする。今後3年間で3000台の販売を見込んでいるという。

 SRVC-1000は、NECの中央研究所が開発した1枚の画像データを解析/処理する「1枚超解像技術」により、SD映像(約30万画素=640×480ドット)をHD映像(約200万画素=1920×1080ドット)に拡大する際に生じるぼやけやエッジの粗さを改善する。鮮明で自然な映像をフルハイビジョンで表示するという。

 また、1枚超解像技術はリアルタイムで処理できるため、これまで蓄積してきたSD映像での資産や既存のSD放送用カメラを有効活用できる。放送事業者は、HD対応のカメラや編集設備を新規導入する必要がなく、初期投資を抑えてHD放送を開始できるという。

 現在、地上デジタル放送に対応したハイビジョンテレビの普及が急速に進んでおり、視聴者の高画質番組へのニーズが高まっている。従来のSD映像をHDTVで単純に表示すると画像がぼやけるなどの現象が発生し、さらに保有するSD用放送カメラやサーバなどの放送設備をHD対応に切り替えるには、膨大な費用が掛かるなどの課題があった。

 SRVC-1000はこうした課題を解決し、低コストで高画質な映像を提供したい放送事業者のニーズに的確に対応したとしている。

「SRVC-1000」 「SRVC-1000」

-PR-企画特集