logo

リモコンに電池はもう不要--NECエレなど、振動で発電するリモコンを試作

永井美智子(編集部)2009年11月17日 17時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECエレクトロニクスと音力発電は11月17日、電池が不要な家電用リモコンを試作したと発表した。リモコンのボタンを指で押すときに発生する振動の力で発電する「振動力発電」技術と、独自開発した電源制御技術の組み合わせにより実現したという。

 具体的には、ボタンを押す際の振動で発電した電力を使い、乾電池なしで、テレビの電源オン/オフ、音量調節、チャンネル/入力切り替えの操作ができるとのこと。

  • NECエレクトロニクスと音力発電が試作した、乾電池不要のリモコン

 NECエレクトロニクスによると、同社は振動力発電を使って家電機器の利便性を向上させるための共同研究開発を2006年12月から進めていたという。今回試作した電池レスリモコンは、音力発電が開発した振動力発電デバイスと、NECエレクトロニクスのRFリモコン対応マイコン、および微小な電力でリモコンの電子回路を駆動する電源制御技術を組み合わせた。

 両社は2011年までに、電池レスリモコンの実用的な提案をセットメーカーに対してできるように共同開発を続けるとしている。なお、試作品は11月18日からパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2009」にて展示される。

-PR-企画特集