TADからCD/SACDプレーヤー「TAD-D600」が登場

加納恵(編集部)2009年11月13日 17時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TAD)は、同社初となるCD/SACDプレーヤー「TAD-D600」を発表した。高性能クロックをベースに開発した発振器を搭載することで、微小信号まで再現する。発売は2010年1月下旬から。価格は262万5000円となる。

 TADの代表取締役社長の宮川務氏は「先に発表したモノラルパワーアンプ『TAD-M600』を10月に発売し、順調な立ち上がっている。今回はM600に続くトップエンドカテゴリとして、ディスクプレーヤーTAD-D600をラインアップした。現在はメディアチェンジの大変なタイミングだが、ディスクプレーヤーはデバイス、ピックアップなどすべての領域で成熟を迎えた製品ジャンル。今こそディスク情報のすべてを引き出す製品を作れると考えている」と、後発となるプレーヤー市場への参入理由を話した。

 TAD-D600は、電源部と本体部をセパレート構造としたハイエンド向けCD/SACDプレーヤー。電源部を独立構成にすることで、メカニカル部やオーディオ回路に悪影響を与える不要振動と漏洩磁束を排除し、理想的な電源を実現したという。

 ディスクプレーヤー部は、高さ185mm×幅450mm×奥行き440mmで重量26.5kg。発振中心周波数近傍でのジッター量の低減が音質向上につながるという部分に着目し、超高C/Nマスタークロック UPCGを搭載することで、ジッターの少ない高音質デジタル信号出力を獲得できるという。

 並列接続動差動型D/Aコンバータは、リニアリティ、ダイナミックレンジ、歪率などのオーディオ性能を向上しているとのこと。S/N比は115デシベルを実現した。192kHz 24bitまでのデジタル信号入力に対応しており、D/Aコンバータとしても利用できる。

 再生可能ディスクは2chのCD、SACD。表示ディスプレイにはLEDを採用したほか、本体前面の操作部は感圧式スイッチとなっている。

 TADは、ハイエンドオーディオ製品の企画・開発を手掛けるパイオニアのグループ会社。2007年に設立し、モノラルパワーアンプのTAD-M600やスピーカーシステムの「TAD-R1」などを販売している。

  • TAD-D600。手前が本体部、奥が電源部のセパレート構造だ

  • TAD-D600の背面部

  • 操作部は感圧式スイッチ、表示部はLEDを採用している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加