グリーが最大811万株を売り出し--総額は約400億円

永井美智子(編集部)2009年11月13日 19時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは11月13日、取締役会において、同社株式を最大811万3000株売り出すと決議した。「当社普通株式の分布状況の改善、流動性の向上および留保金課税の回避を目的としたもの」(グリー)としている。

 まず、発行済み株式の17.23%にあたる普通株式771万3000株を売り出す。価格は11月24日から27日までのいずれかの日における、東京証券取引所での終値に0.90〜1.00をかけた価格を仮条件とする。13日の終値で計算した場合、総額で398億7621万円となる。

 売出人および株数は以下のとおり。

  • 同社代表取締役社長の田中良和氏:398万3000株
  • リクルート:320万株
  • 同取締役執行役員副社長メディア企画部長の山岸広太郎氏:45万株
  • 同取締役執行役員CTOプラットフォーム開発部長の藤本真樹氏:4万株
  • 同取締役執行役員CFO経営管理部長の青柳直樹氏:4万株

 このほか、オーバーアロットメントにより普通株式40万株を売り出す。

 なお、売り出し後の株主比率は、田中良和氏が50.89%、KDDIが7.15%、山岸広太郎氏が2.98%。リクルートは保有全株を売却するため、保有比率は0%となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加