logo

[ブックレビュー]英語力とビジネス力の一石二鳥を狙え--ビジネス英語はIRレポートで学べ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東洋経済新報社
中村澄子
詳細:単行本(ソフトカバー) / 165ページ / 東洋経済新報社 / 価格:¥ 1,575 / 著者:中村 澄子 / 発売日:2009/10/30 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm × 13.0cm × 2.2cm / 重量:0.2 kg
内容:学習本やスクールなど、英語を習得するための方法は数多くあるが、その中でも「ビジネス英語を学ぶならIRレポート」を推奨する本書。ビジネスに強く、英語に強くなるための秘策とは?

 仕事で英語を使う機会が増え、もっと英語に強くなりたいと思うとき、「まずは日常会話から」と英会話の本を買ったり、英会話学校に通ったりするのは、ビジネス英語を学ぼうとする者にとって、最も遠い道のりを選ぶことにつながる恐れがある。もっとストレートに、なるべく近道を通って、仕事ですぐに役立つ英語力を身につけたいと思うならば、IRレポートを利用するのが最善だという。

 著者は、TOEICに関する著書を多数出しており、その解説は分かりやすいと定評がある。多くのビジネスパーソンに英語を教えてきた経験から、まずは、ビジネスパーソンが陥りやすい英語学習の間違いを挙げ、「なぜIRレポートで勉強するのがいいのか」を説く。

 次に、IRレポートの読み方を丁寧に説明してくれる上、よく出てくる単語や表現を一覧表にまとめてくれているので、辞書をひく必要がほとんどない。このやり方に沿って、丁寧にIRレポートを読み通せば、英語力のみならず、ビジネスで必要な知識も得られ、まさに一石二鳥だ。

 自分が勤めている会社で、英語と日本語の両方のIRレポートを公開しているならば、それを見る方が興味がわくかもしれない。IRレポートでリーディング力を鍛えたら、ライティング、リスニング、スピーキングについても練習方法が補足されているので、これらを参考にして、ビジネスで必要な英語力を総合的にアップさせよう。

-PR-企画特集