logo

グーグル、米国の空港47カ所で無料Wi-Fiを提供--ホリデーシーズン限定で

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年11月11日 10時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間11月10日、同日から2010年1月15日の期間、空港47カ所で無料のワイヤレスネットワークを提供すると発表した。

 Boingo Wireless、Advanced Wireless Group、Airport Marketing Incomeと共同のこのプロモーションは、無償のWi-Fiサービスを使ったブランド促進の取り組みでは最新のものとなる。米YahooはニューヨークのタイムズスクエアのWi-Fiを支援し、Googleはホリデーシーズン中のVirgin Americaの便でのインターネットアクセスを支援する。

 Wi-Fiサービスが提供される空港の中でも主要なのは、ヒューストン、ボストン、マイアミ、ロサンゼルス、ナッシュビル、サンディエゴ、ボルティモア、セントルイスなど。該当する空港のリストは、Googleのウェブサイトで確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集