logo

ECナビ、アジア展開のオンライン調査子会社--第1弾は中国向けサイト

別井貴志(編集部)2009年10月30日 20時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ECナビは10月30日、アジア地域においてオンライン調査パネルの提供事業を展開する100%子会社のResearch Panel Asia Inc.(リサーチパネルエイジア)を10月1日付けで設立したと発表した。

 この会社は、ECナビにおいて培ってきたメディア、リサーチ事業の運営ノウハウを活かし、海外企業の需要および消費者ニーズに対応するネット事業をアジア地域において幅広く展開し、長期的な海外事業基盤と知見を確保することを目的に設立した。

 同社の代表取締役である中里昇吾氏は、「日欧米での成功事例などにとらわれることなく、アジアらしい、オリジナルなインターネットサービス作りを積極的に行っていきたい」としている。

 そして、第一弾のパネルサイトとして中国向けのオンラインリサーチサイト「91問問.com」(ジゥイーウェンウェン、意味:どうしても聞きたい)を開設した。

 このサイトでアンケートに答えると50P〜5000Pの「問問ポイント」が貯まる。貯めたポイントは、「1000P=支付宝10元」で、中国最大の電子マネー決済網「支付宝」(アリペイ)を通じて現金に交換できる。支付宝は、中国最大手のBtoBマーケットプレイス「Alibaba.com」やECモール「淘宝網」(タオバオ)を運営するAlibaba.comが運営する世界最大級の電子決済網で、月間利用者件数1200万件、月間利用者数約2億人を誇る。

 中里氏は91問問.comについて「2010年11月までに会員数30万人を目指す」とし、今後もアジア各国において順次パネルサイトを開設し、将来的にはアジア各国事情に即した独自のオンラインサービスを展開していくかまえだ。

-PR-企画特集