NTTドコモもメール使い放題の新料金プラン--au、ソフトバンクモバイルに対抗

松田真理(マイカ)2009年10月27日 19時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは12月1日より、国内のiモードメールが無料で利用できる新サービス「メール使いホーダイ」を提供する。KDDI、ソフトバンクモバイルに対抗する料金サービスだ。

 メール使いホーダイは、専用料金プラン「タイプシンプル(バリュー)」「タイプシンプル」に契約し、iモード付加機能使用料の月額315円を支払うことで、他社携帯電話やPCを含めたiモードメールの送受信が無料になるサービス。タイプシンプル(バリュー)は「ファミ割MAX50」「ひとりでも割50」「オフィス割MAX50」などに加入した場合、割引料金が適用されて基本料金月額は780円となる。

 メール使いホーダイにはパケット定額サービスがセットになっており、iモード通信が上限4410円、iモードフルブラウザが上限5985円、PCなどによるデータ通信が上限1万3650円で利用できる。通話料は30秒あたり21円で、無料通話分は含まれない。

 なお、現在、中学生以下と60歳以上の顧客を対象に提供している料金プラン「ファミリーワイド(バリュー)」「ファミリーワイドリミット(バリュー)」「ファミリーワイド2in1」については、2010年3月31日をもって、新規申し込み受付を終了するとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加