パナソニックとタカラトミー、低公害車による共同輸送を実施

加納恵(編集部)2009年10月22日 17時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックとタカラトミーは、圧縮天然ガスを用いた次世代低公害車「長距離用大型CNGトラック」による共同輸送を実施している。これは、パナソニックが大阪府にある薄型テレビ工場から千葉県の物流センターまで薄型テレビ「ビエラ」を輸送し、タカラトミーが千葉県の物流センターから関西圏の得意先に製品の輸送する、ラウンド輸送として運用しているもの。

 1回の燃料充填で600km以上の走行ができ、4月から9月末までに48回の試験運行をしたという。従来のディーゼルトラックに比べ、CO2排出量は10%、NOx排出量は90%の削減につながっているとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加