logo

シャープ、太陽電池セルで変換効率35.8%を実現

加納恵(編集部)2009年10月22日 15時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは化合物3接合型太陽電池で、太陽電池セルの世界最高変換効率35.8%を達成したと発表した。化合物3接合型太陽電池は、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素から構成される化合物を材料とした太陽電池。シリコンを用いた太陽電池に比べ、変換効率が高いことが特徴だ。

 今回シャープでは、独自の層形成技術によって「結晶性を高めたInGaAs(インジウムガリウムヒ素)の層形成」を実現。ムダになる電流を最小限に抑え、従来31.5%だった変換効率を、35.8%まで高めることに成功したという。

-PR-企画特集