logo

マイクロソフトを騙る添付ファイル付きメールに注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月20日、マイクロソフトを騙るマルウェア添付メールが大量に送りつけられる事象が発生しているとして、注意喚起を発表した。

 現在JPCERT/CCでは、数種のマルウェア添付メールを確認している。メールは英文のものだが、マイクロソフトのユーザーに宛てたアラートメールとなっており、添付ファイルを実行するよう呼びかける内容となっている。

 JPCERT/CCによると、添付ファイル名は「install.zip」となっており、ユーザーがこのファイルを展開、実行してしまうと、偽ウイルス対策ソフトなどの不正プログラムがインストールされてさらなる被害に遭う可能性があるという。

 一般的にマイクロソフトからメールの添付ファイルとしてソフトウェアが配布されることはないため、不審なメールの添付ファイルを開かない、またウイルス対策ソフトを常に最新の状態で使用することを呼びかけている。

-PR-企画特集