logo

アップル、「Time Capsule」と「Airport Extreme Base Station」を刷新

文:Eric Franklin(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年10月21日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間10月20日の複数の大型発表に加えて、(強いて言うなら、密かに)「Time Capsule」と「Airport Extreme Base Station」(編集部注:国内での名称は「AirMac Extreme Base Station」)のパフォーマンス、スペック、サポート技術の刷新を明らかにした。

 まず変更点の多かったのがTime Capsule。Appleによると、Time CapsuleとTime Machineソフトウェアの両方に新技術や改良を施し、「Snow Leopard」を使ったバックアップがこれまでより「最大60%高速になった」という。

 この数字は、量産前の(リリースされていない)Time Capsuleと、2009年初頭の量産Time Capsuleを比較し、Appleが2009年10月に実施したテスト結果に基づく。

 また802.11n無線技術を搭載するため、「802.11gワイヤレスネットワークの最大5倍のデータ転送速度と最大2倍の通信範囲が実現」とAppleは述べている。

 この数字はTime CapsuleとAirport Extreme Base Stationを「Appleの802.11g対応製品」と比較した結果に基づくとAppleは述べるが、比較した具体的な製品名は明らかになっていない。

 さらにAppleはTime CapsuleとAirport Extreme Base Stationのアンテナデザインの改良によって、「これまでのTime Capsuleと比較して、Wi-Fiのパフォーマンスが最大50%向上し、通信範囲が最大25%拡大した」と述べている。

 この数字はTime CapsuleとAirport Extreme Base Stationを「Appleの前世代の802.11n対応製品」との比較に基づくとAppleは述べる。ここでも、Appleが従来製品との比較をしていることはわかるものの、具体的な製品名は明らかになっていない。

 Appleのウェブサイトによると、両製品ともすでに出荷を開始しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集