logo

Twitterで翻訳依頼できる「140Trans」--140字以内の翻訳結果が無料で

鳴海淳義(編集部)2009年10月20日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エニドアは10月20日、Twitterで翻訳依頼ができるサービス「140Trans」を開始した。140文字以内の文章の翻訳をTwitterで依頼すると自分のTwitterアカウントに翻訳結果が返ってくる。無料で利用できる。

 140Transは47言語に対応している。依頼者は依頼文を入力し、言語を選択するだけで、翻訳者によって訳された結果が自動的に依頼者のTwitterアカウントに“@ユーザーネーム:翻訳結果”という形で送られてくる。

 Twitterでフォローしている人のつぶやきが違う言語でわからないときや、違う言語でつぶやきたい時などに便利なサービスだ。同一のTwitterカウントから1日3回まで翻訳依頼できる。

 エニドアは「ソーシャル翻訳Conyac」というサービスを提供している。これは翻訳依頼や翻訳作業をユーザー同士行うことにより、100文字までの文章は無料、100文字以上でも30円程度から翻訳してもらえるというもの。140Transもソーシャル翻訳Conyacをベースに提供されている。

 実際に140transに英語から日本語への翻訳を依頼してみた。下のように、頭に“@140trans”と英語から日本語への翻訳を表す“en2ja”をつけて、Twitterに英文を投稿する。CNETに掲載されているAppleの決算に関する記事の一部を投稿した。

091020_twitter11.jpg

 すると数分後に140transから翻訳結果が返ってきた。リンク先をクリックすると詳細を見ることができる。

091020_twitter22.jpg

 リンク先には以下のような翻訳結果が並んでいた。ちなみにCNET Japanの翻訳記事はこちら

091020_twitter33.jpg

-PR-企画特集