logo

三井物産、ナビポータルに資本参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井物産は10月19日、ソフトバンク、パイオニア、インクリメントPが出資するナビポータルに資本参画することを発表した。

 ナビポータルは、2008年9月より、ソフトバンクモバイルの移動体通信ネットワークとパイオニアのカーナビゲーションシステム、インクリメントPの位置情報サービスおよび各種コンテンツを利用し、カーナビゲーション、PCサイト、携帯電話の連携によるテレマティクスサービスのプラットフォームを提供している。

 ナビポータルは、今回の三井物産の資本参画により、三井物産が進めている次世代モビリティ運営事業などと連携し、コンシューマー向けサービスとビジネスソリューションを提供するという。

 なお、三井物産の資本参画後の株主構成は、ソフトバンクグループ40.5%、パイオニア36.8%、三井物産18.9%、インクリメントP3.8%となっている。三井物産は今後、事業の進捗に合わせ、出資比率を上げるとしている。

-PR-企画特集