logo

7割以上が迷惑メール--迷惑メール対策推進協議会まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内のインターネットサービスプロバイダ(ISP)が取り扱う電子メールのうち、7割以上が迷惑メールであることがわかった。これは迷惑メール対策推進協議会がまとめた報告書で明らかになったもの。

 報告書によると、2009年8月の調査時点で、国内ISPにおける迷惑メールの割合は72.09%。ほとんどが海外から発信されたもので、発信国別では中国が最も多く、全体の約4分の1を占めている。

 迷惑メールの内容としては、世界的に「インターネット関連広告」や「医療関係広告」が多いのに対し、日本は「出会い系」が89.80%でトップ。以下「ビジネス(副業・情報商材)」(4.20%)、「アダルト(画像・DVD)」(1.70%)、「バッグ・時計等(おもに偽ブランド)」(1.70%)の順に多くなっており、諸外国とは異なる傾向にあるとしている。

-PR-企画特集