logo

ニコン、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「ニコン D3S」を発売

エースラッシュ2009年10月14日 19時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは10月14日、ニコン FXフォーマットデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「ニコン D3S」を発表した。11月27日から発売する。

「ニコン D3S」 「ニコン D3S」

 D3Sは、2007年11月に発売された「D3」の後継機種となる。有効画素数が1210万画素のニコン FXフォーマットCMOSセンサを搭載するほか、D3の常用感度を、D3のISO 200〜6400から、ISO 200〜1万2800まで大幅に拡大。さらに動画機能「Dムービー」を装備している。

 Hi3(ISO 1万2400相当)まで対応する高感度動画撮影モードや、静止画切り出し機能を含む動画編集機能も利用可能だ。操作面については、ライブビューボタンや撮影情報を素早く確認できるインフォボタンが追加された。なお、店頭想定価格は60万円前後を予定している。

「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR」 「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR」

 さらに今回は、軽量コンパクトで手ブレ補正機能」を搭載したニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR」も発売される。焦点距離は85mm、レンズ構成が10群14枚(EDレンズ1枚)となる。最大撮影倍率は1/1倍で、約29cmまでの接写が可能となっている。発売日は未定だが、希望小売価格は7万350円(税込)になる。

-PR-企画特集