logo

日立ビジネス、環境対策、印刷コスト削減ソフト、両面やカラー印刷を制限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ビジネスソリューション(日立ビジネス、木村伊九夫社長)は、プリンタのトナーやインク、用紙の使用量削減支援ソフト「グリーンプリント」を開発、10月13日から販売を開始した。

 システム管理者が事前設定した省資源向けの印刷設定を適用させることで、トナーやインク、用紙の使用量削減を支援する。両面印刷やページ集約、モノクロ印刷に加え、印刷濃度を指定できる。

 各PCの印刷設定を変更せずに導入できるほか、印刷制御は「グリーンプリント」で行うため、多様なプリンタで利用できる。また、タスクバーに表示した「グリーンプリント」のアイコンにマウスカーソルを合わせることで、削減効果を確認できるのも特徴。

 PCユーザーの利便性を考慮し、管理者が設定した以外の方法でPCユーザーが印刷したい場合は、印刷者が一時的に設定を変更する機能も付加した。タスクバーに表示した「グリーンプリント」のアイコンを右クリックすることで表示される印刷設定画面から変更できる。

 1ライセンス(メディアCD1枚)の価格は5250円。発売後1年間で7万5000ライセンス、2億円の売り上げを目指す。

日立ビジネスソリューション=http://hitachi-business.com/
「グリーンプリント」

-PR-企画特集