日本雑誌協会が雑誌閲覧ネットサービス「コルシカ」にサービス中止を要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE ネットで雑誌の閲覧ができる有料サービス「コルシカ」を開始したエニグモに対して、社団法人 日本雑誌協会がサービスの中止を求めていることがわかった。

 コルシカは10月7日からサービスを開始。サイトで雑誌を定価購入すると、そのデータを専用のビューワーで閲覧でき、配送料を支払えば現物が宅配される仕組みだ。 しかしエニグモによると、サービス開始当日から「出版社から権利に関する問い合わせがある状況」だったという。

 社団法人 日本雑誌協会では、同サービスの提供に対して「出版社の許諾なしに誌面をスキャンして複製するのは著作権侵害行為。私的利用の権利制限の対象ではなく、明らかな著作権侵害行為だ」と指摘し、サービスの即日中止を求めている。

 エニグモでは、10月9日に社団法人日本雑誌協会からの「コルシカサービスについての要請と見解」を受け取り、その対応について明らかにした。

 それによると、(1)雑誌の販売要請がある出版社もあるため、コルシカはサービスとしては継続する、(2)法律的な解釈の相違はあるものの、当要請と見解を真摯に受け止め、社団法人日本雑誌協会会員出版社の出版物の販売を一旦、中止する。今後、会員出版社と個別協議し、販売許諾を得られた出版物に関して販売する、(3)日本雑誌協会の要請に基づき、共にデジタル分野での新しい雑誌の可能性を追求し、雑誌デジタルコンテンツ化推進への協力を模索する――としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加