MS、「Forefront Endpoint Protection 2010」のリリースを2010年後半に延期

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年10月09日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月8日、Windowsデスクトップおよびサーバ向けアンチマルウェア製品である「Forefront Endpoint Protection 2010」のリリースを2010年後半に延期することを明らかにした。

 Forefront Endpoint Protectionは、次期製品である「Forefront Protection Suite」(開発コード名「Stirling」)のコンポーネントの1つである。

 「顧客からのフィードバックと市場動向に基づき、われわれは、サーバやクライアント、デバイスを包括的に評価、展開、アップデートするMicrosoftのソリューションである『System Center Configuration Manager』上でForefront Endpoint Protection(FEP)を構築する戦略的決定を下した」と同社はブログ投稿で述べている。

 同投稿によると、「このアプローチは、顧客のクライアント管理やセキュリティインフラをよりよく調整し、展開の単純化とコストの削減を支援する。われわれは、これが顧客にとって正しい判断であると確認している」という。

 Microsoftは当座の間、顧客に対する「Forefront Client Security」ソリューションの提供を継続する予定だと述べた。

 一方で、Microsoftは、「Forefront Protection Manager」を含む関連製品の2010年前半リリースに向けて順調に進んでいると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加