logo

SRA、文教ソリューションでインテージと提携、大学向けシステム共同販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SRA(鹿島亨社長)は10月7日、インテージ(田下憲雄社長)と文教機関向けソリューションで業務提携したと発表した。

 SRAは、SOA(サービス指向アーキテクチャ)やSaaS、オープンソースソフト(OSS)などを活用した自社開発の総合文教ソリューション「UniVision」を2000年に販売開始。約50大学に納入した実績がある。一方、インテージは、大学向け就職サポートシステム「JobHunter」を10年ほど前から販売開始。約40校の以上の大学で活用されているという。

 業務提携の第一弾として、今秋にSRAが保有するSOA技術を活用して、「JobHunter+s」の機能を強化した新製品を発売する。また、インテージが強い情報の分析・活用力を、SRAの「UniVision」で活用する。

 両製品はそれぞれ販売し、「JobHunter+s」は両社で2009年度に10校以上、2012年度までに100校への納入を目指す。

SRA=http://www.sra.co.jp/
インテージ=http://www.intage.co.jp/
「UniVision」=http://www.sra.co.jp/UniVision/

-PR-企画特集