検索結果でPDFを表示--グーグルが新オプションを追加

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年10月08日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月7日、同社検索エンジンの検索結果に、ユーザーがブラウザ内からフォーマット済みPDFファイルを表示できるオプションを追加したと発表した。

 Googleの検索結果はかなり前から、PDF文書を対象とする「View as HTML」オプションを備えているが、同社がブログ記事の中で述べたところによると、「このオプションでは、グラフィックやテーブル、フォント、そのほかの要素といったフォーマットの一部が、オリジナルのPDFから失われてしまう」という。

 この問題を解決するため、検索結果内の一部のPDFファイルに新しい「Quick View」オプションが追加された。ユーザーがそのリンクをクリックすると、オリジナルのフォーマットがすべて維持された完全なPDFファイルがブラウザ内に表示される。このビューアは、「Gmail」や「Google Docs」に組み込まれているのと同じサービスをベースにしている。

Google
提供:Google View

 Googleによると、同社は7月から、Quick View機能を検索結果に追加しているという。現在、Googleのインデックス内にあるPDFファイルのうち、50%以上でQuick Viewオプションが表示される。

 さらにGoogleは、「より多くのドキュメントおよびファイルタイプ」を対象に、このビューアを使っていく予定である、と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加