logo

IIJグループ、クラウドサービス「IIJ GIO」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は10月5日、自社のデータセンターにクラウドコンピューティング基盤を構築し、クラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)」を11月から提供開始すると発表した。

 第1弾として、プライベート型クラウドサービス「GIOプライベート」を提供する。また、2010年4月から、パッケージ化された安価なパブリック型クラウドサービス「GIOパブリック」を提供するとしている。

 IIJ GIOは、数千台規模のサーバ設備を導入して構築したクラウド基盤に、ネットワークリソースやシステムリソースを必要なときに必要なだけオンデマンドで提供するIaaS(Infrastructure as a Service)サービス「IBPS(Integration & Business Platform Service)」を融合したもの。

 顧客企業ごとのシステム要件に応じて、必要な量のサーバリソースを選択してシステムを構成することができ、L2ネットワーク上で複数台のサーバリソースの自動的な割り当ても行うなど、これまで個別のシステム構築でしか実現できなかった柔軟なシステム構成をクラウドサービスとして提供するとしている。

 また、OSや仮想化ソフトにはオープンソースソフトウェアを採用し、リソースの割り当てを制御するプロビジョニングツールや複雑な運用、監視を自動化する管理ツールを自社開発することで、運用とコストの両面での効率化を実現する。IIJの各種サービス設備を同じクラウド基盤に集約し、ハードウェア調達コストを抑えることにより、安価な価格設定が可能になったという。

 サービス利用料金は税別で、GIOプライベートの仮想化サーバタイプが月額8000円〜3万9000円、専有サーバタイプが月額4万5000円、GIOパブリックが月額8000円からとなっている。

-PR-企画特集