logo

ボーズ「QuietComfort 15」--2つのマイク搭載でノイズキャンセル力を大幅アップ

加納恵(編集部)2009年09月30日 17時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは9月30日、ノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort」シリーズにおいて新モデル「QuietComfort 15」を発売した。現行機に比べノイズキャンセル性能を格段に向上させたという。価格は3万9900円。ボーズ直営店とボーズ・オンラインストアで販売する。

ゼネラルマネージャーの栗山譲二氏 ゼネラルマネージャーの栗山譲二氏

 ゼネラルマネージャーの栗山譲二氏は「新製品を使ってみると、もう現行機には手を出せないほどの素晴らしさ。ノイズキャンセリングヘッドホンの礎を築いたともいえるQuietComfortの最新性能をぜひ体感してほしい」と話した。

 QuietComfort 15は、アラウンドイヤータイプのノイズキャンセリングヘッドホン。従来イヤーカップに内蔵していた騒音を検知するマイクを、外側にも搭載することによって、より精密に騒音を分析・検出できるようになったという。

 イヤークッション部には新開発のものを採用し、イヤーカップ内への騒音も大幅に低減しているとのことだ。

プロダクトマーケティングマネージャー デニス・セルッチ氏(左)、マーケティング・ディレクター伊東奈津子氏(右) プロダクトマーケティングマネージャー デニス・セルッチ氏(左)、マーケティング・ディレクター伊東奈津子氏(右)

 来日中のプロダクトマーケティングマネージャー デニス・セルッチ氏は「QuietComfort 15の開発目標は、価格を上げずに消音性能を“飛躍的に”上げるという厳しいものだった。開発チームはアクティブ、パッシブの両面からこの目標に取り組みノイズキャンセル性能を格段に向上させることに成功した。その飛躍的アップにより、型番もQuietComfort 2からQuiet Comfort 15へとアップさせている。現行機に比べ何%アップなどの数値は公表していないが、ぜひ自分の耳で判断してほしい」と自信のほどを語った。

 電源には単4乾電池1本を使用しており、約35時間の連続使用が可能。インジケーターライトは電池残量が約5時間を切ると点滅するとのことだ。

  • ボーズのノイズキャンセリングテクノロジー

  • 「QuietComfort 15」

  • 「QuietComfort 15」イヤークッション部

 ボーズでは、QuietComfort 15とともに平型ジャック付携帯電話専用ヘッドセット「Bose mobile in-ear headset」(価格:1万5330円)、「Bose mobile on-ear headset」(価格:2万6880円)も発表。独自技術による高音質再生と通話ボタンに装備された無指向性のマイクにより、ハンズフリー通話を実現するとしている。同日から予約受付を開始し、11月7日から販売される。

  • 「Bose mobile on-ear headset」

  • 「Bose mobile in-ear headset」

 また、ホームシアターシステムとして、2.1chシステムの「CineMate GS Series II」(価格:9万4500円)と「CineMate Series II」(価格:7万1400円)の2機種が登場した。フロントスピーカーのみで5.1chのサラウンド環境をできるほか、テレビに接続するだけという簡単セットアップを採用しているという。同日から予約受付を開始し、販売開始は10月17日となる。

  • 「CineMate GS Series II」

  • 「CineMate Series II」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]