logo

デジタル名刺「Poken」に新ラインアップ--USBメモリ機能付き「Poken pulse」発売

鳴海淳義(編集部)2009年09月24日 06時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル名刺ガジェット「Poken」を販売するアコニは9月23日、Pokenの新ラインアップとして、USBメモリ機能付きの「Poken pulse」を発売した。デザインを一新し、2Gバイトのフラッシュメモリ機能を搭載したほか、従来型では最大64人までだった本体へのコンタクトID保存数をほぼ無制限とした。価格は4480円で、10月初旬に発送される。

 従来のPokenは人形や動物などのキャラクターを模していたが、Poken pulseはビジネスシーンでも使いやすいシンプルなデザイン。本体サイズは56mm×21mm×10mm、本体重量は約20gとなっている。これまでのPokenの機能に加えて、2Gバイトのフラッシュメモリを搭載した。

 また、従来型のPokenはプロフィール情報を交換した相手のIDを最大64人までしか本体に保存できなかったが、Poken pulseではほぼ無制限となった。数百人が集まるパーティでも上限を気にせずにPokenを使うことができる。

 Poken pulseに内蔵されている電池は従来のPokenと同じくボタン式電池(型番:CR-1632)だが、利用可能な期間は約8〜12カ月まで延びているそうだ。

 アコニによれば、Poken pulseは今後登場する予定のPokenファミリーの1つだという。Poken pulseの発売に伴い、従来型のPokenは「Poken spark」に名称変更した。

Poken pulsePoken pulse
Poken pulse手のひらの部分を合わせるとプロフィールを交換できる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]