logo

東芝、業界最大クラス500Gバイトの高速回転2.5型HDDを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は9月17日、回転数7200rpmの2.5型HDDに業界最大クラスの500Gバイトを実現した「MK5056GSY」を発表した。あわせて320Gバイト「MK3256GSY」、250Gバイト「MK2556GSY」、160Gバイト「MK1656GSY」もラインアップする。10月から量産を開始する。

 MK5056GSYは、独自技術で磁気ヘッドやディスクの磁性層を改善し、面記録密度を向上させたという。また、内部転送レートも従来機種より約23%向上させ、大容量データの高速処理が可能になった。

 全機種ともに、従来機種と比べてシーク時の騒音を低減。ディスク2枚構成のMK5056GSYとMK3256GSYは、シーク時の音が25デシベルとなり、静音性が向上した。ディスク1枚構成のMK2556GSYとMK1656GSYは、シーク時の音が23デシベルと、業界最高水準の静音性を実現した。

「MK5056GSY」 「MK5056GSY」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]