logo

KDDIら、テレビ番組の懸賞応募受付システムを開発

松田真理(マイカ)2009年09月17日 19時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよびKDDI研究所、チューリップテレビ、フィックスは9月17日、チューリップテレビの当たり付きCM企画において、携帯電話を利用した懸賞応募受付システムのトライアルを共同で実施すると発表した。チューリップテレビが9月19日に放映する「開運! なんでも鑑定団」内で行う。

 このトライアルでは、携帯電話から応募サイトに接続した視聴者に対して、ウェブサーバの処理能力や混雑状況に基づいて視聴者ごとの待機時間を算出し、FlashLiteを用いた整理券を配布する。アクセスが集中した時間であっても、応募可能な状態になったらバイブレーションなどで通知されるため、それまでの間ユーザーは好きなページを閲覧できるという。なお、au以外の携帯電話からも応募は可能だ。

 この技術により、ユーザーはアクセスが集中したときでも確実に応募でき、番組提供側は視聴者からの同時大量アクセスがあった場合でも受付サイトのシステムがダウンする心配がなくなるとのこと。今回の仕組みは、KDDIとKDDI研究所が開発した、アクセスが集中した際にサーバ負荷を軽減する「スムーズアクセスシステム」を活用しており、フィックスが提供する双方向番組制作ASPサービス「PiTENTRY2」に組み込まれている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]