logo

アップル、「iPhone OS 3.1」での「Exchange」関連の変更を説明

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年09月16日 16時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」および「iPhone 3G」のユーザーは先週、「iPhone OS 3.1」にアップグレードした後、「Exchange Server 2007」へログインできなくなるという障害に直面した。

 この問題は最新のアップデートによって発生し始めたため、そのアップデートに原因があると考えるのが当然のように思えるが、実はそうではない。Appleによると、実際のところ、すべてが本来あるべき通りに機能しているという。

 「iPhone OS 3.1はExchange Server 2007と正常に連携している」とApple関係者のNatalie Harrison氏はCNET Newsに語った。「われわれは、IT管理者がExchange Server 2007を使って管理可能なデータにデバイス暗号化情報を追加した。標準で暗号化機能を内蔵している『iPhone 3GS』に加えて、iPhone 3GをExchange Server 2007上でサポートするかどうかのポリシーは、管理者が設定し、いつでも変更することが可能だ」(Harrison氏)

 つまりiPhone OS 3.1では、ハードウェア暗号化を搭載しているという情報をExchange Server 2007に適切に伝えられるようになった。そして、iPhoneとiPhone 3Gのユーザーに障害が発生しているのは、このことが原因である。

 「iPhone OS 3.0」を搭載したすべてのiPhoneは、自らの情報をExchange Server 2007に適切に伝えていなかった。つまり、ユーザーがiPhone 3Gを使用しており、Exchange Server 2007がハードウェア暗号化を要求するように設定されている場合、デバイスにハードウェア暗号化が搭載されていなくても、ログインすることが可能なのだ。

 iPhone OS 3.1を搭載したすべてのiPhoneは、自らの情報をサーバに適切に伝えることができる。これによって、過去のOSにあった問題が基本的に修正されている。しかし、iPhone OS 3.1にアップグレードしたiPhoneおよびiPhone 3Gのユーザーは、ハードウェア暗号化を要求するExchange Server 2007にログインできなくなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]