logo

外来患者にPHSを貸し出し--ウィルコムの新サービス

松田真理(マイカ)2009年09月15日 08時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムと富士通ビー・エス・シーは、ウィルコム製PHSを利用した「外来患者呼び出しシステム」を共同で開発し、9月14日より全国の医療機関向けに販売する。

 外来患者呼び出しシステムは、 医療機関の外来受付で患者にウィルコム製PHSを渡し、診察順がきたら呼び出すというもの。患者の診察券とPHSにあるQRコードをそれぞれバーコードリーダーで読み取り、対応させた上で貸し出す。「外来患者が自由に待ち時間を過ごせるため、受付の混雑緩和につながる」(両社)という。

 価格は、初期費用が580万円(受付4カ所、サーバ・クライアントPC費用含む)、月額通信料がPHS1台あたり780円、年間保守費用が24万円(平日の9時から17時の場合)を予定している。

-PR-企画特集