logo

NEC、2週間で構築できるシンクライアントシステムを発売--パンデミック対策に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは9月4日、最短2週間でのシステム構築が可能な仮想PC型シンクライアントシステムを発売した。新型インフルエンザの流行を受け、パンデミック対策など早急な導入ニーズに低コストで対応するという。

 NECの仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」とVPN仮想アプライアンスである「SecureBranch VM-Edition」により実現するシンクライアントリモートアクセスソリューションと、在宅勤務に最小限必要となるハードウェア、ソフトウェア、およびシステムインテグレーションをパック化し、「シンクライアント パンデミック対策パッケージ」という名称で発売する。価格は50ユーザーで555万円(税抜き)から。

 また、HDD/SSDへのデータ書き込みを禁止し、通常のPCをシンクライアント端末化するソフトウェア「ライトフィルタ」を9月16日に発売する。価格は10ユーザーで18万8000円(税抜き)から。

 さらに、自宅や出張先でのPC利用を想定し、USBメモリやCD-ROMからPCを起動することで、既存PCをシンクライアント端末として使えるようにするソフトウェア「SigmaSystemCenter ソフトウェア シンターミナル 2.2」を10月30日に発売する。価格はCD-ROM版が1万5000円から、USB-ROM版が1万9800円から(いずれも税抜き)。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]