logo

マイクロソフト、「IE8」ダウンロードによる食糧寄付プログラムを延長

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年09月01日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、飢えに苦しむ人々への食糧寄付を約束することで、「Internet Explorer 8(IE8)」のダウンロードを促すプロモーションの実施期間を延長する。

 「Browser for the Better」と名付けられたこの取り組みは、6月に開始された。Microsoftのこの計画の下、同プログラムのウェブサイトからダウンロードが行われるたびに、1.15ドル分の食糧を寄付していた(上限は100万ドル)。

 同プログラムは、8月上旬に終了する予定だった。しかし、Microsoftはサイトを閉鎖せず、先週、プロモーションを9月の終わりまで延長することを正式に発表した

 Microsoftは、プロモーション開始後のダウンロード件数を明らかにしなかったが、プロモーション用ウェブサイトでは実施期間の延長が反映されており、以前と同様に、Microsoftは最大で100万ドルを寄付すると述べている。

 期間延長に加え、Microsoftは同プログラムにもう1つ変更を加えている。それは、「IE6」からIE8に移行するユーザーの場合は、ダウンロード1件当たりの寄付金額を2倍(2.30ドル)にするというものだ。Microsoftは、より多くのユーザーにIE6から最新バージョンに移行するよう説得したいと述べているが、それでも、何年も前のブラウザであるIE6を使い続けることを選択するユーザーのために、サポートを続けなければならない。

 Net Applicationsによれば、世界ブラウザ市場におけるIE6のシェアは27%だという。IE7は23%、IE8は12%強である。さまざまなバージョンの「Firefox」は同市場で22%のシェアを獲得しており、Appleの「Safari」は4%の市場シェアを保持している。

 Browser for the Better活動は、MicrosoftがIE8の導入を促すために行っている多くの方策の1つにすぎない。Microsoftは、ロックバンドのNicklebackとの共同プロモーション、さらには同社の自動アップデートメカニズムを通してIE8をプッシュするという退屈だが効果的な方策も実施している。

 Firefoxは6月、同ブラウザの最新バージョンとなる「Firefox 3.5」をリリースした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集