マイクロソフト、IISの新たな脆弱性を調査中

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、小林理子2009年09月01日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8月31日、同社の「Internet Information Services(IIS)」の一部バージョンで、攻撃者にシステムを制御されるおそれのある脆弱性の存在を指摘する報告について、調査中であることを発表した。

 Microsoftは声明で、「『IIS 5』と『IIS 6』のFTPに脆弱性の可能性があるとする、新たに明らかになった報告について調査を行っている」と述べている。

 Microsoftによると、同社はこの脆弱性を悪用した攻撃は確認しておらず、「脆弱性が突きとめられ次第、顧客がとれる自衛手段を探る段取りに入る」という。

 IDG News Serviceによると、まだ対処されていないこの脆弱性のエクスプロイトコードが、ウェブサイトmilw0rmに掲載されているという。このコードは主にIISの古いバージョン、それもFTP機能が有効にしてある場合に限って影響があるようだとIDGは述べている。

 対策は調査が完了し次第決定すると、Microsoftは述べている。セキュリティ更新は、第2火曜日の月例更新に含まれるかもしれないが、別に出されることもありうる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加