[ウェブサービスレビュー]添付ファイルの送受信が可能な捨てアドサービス「連絡in」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
C-RISE
内容:「連絡in」は、一時利用が可能なフリーメールアドレス、いわゆる「捨てアド」を発行してくれるウェブサービスだ。IDという独自概念を用い、チャット感覚でメールが送受信できるほか、最大3つまでの添付ファイルを扱える。
  • トップページにアクセスすると、ユニークなIDが発行される。外部からメールを受信する場合は、IDの後ろに「@**.renraku.in」という文字列をつけてメールアドレスとして用いる

 「連絡in」では、トップページにアクセスした時点で、「111-111」のように3ケタの数字2つをハイフンで連結した「ID」が発行される。利用者はこの「ID」を用いて本サービスの利用者間でやりとりをしたり、外部からのメールを受信したりすることができる。外部とメールを送受信する際は、IDの後ろに「@**.renraku.in」という文字列をつけてメールアドレスとして利用する(先の例だと「111-111@**.renraku.in」となる)。メールの受信はほぼリアルタイムといっていいくらい速く、利用者間で擬似的なチャットができるほどだ。

 本サービスの特徴の1つに、添付ファイルに対応していることが挙げられる。最大3つまでの添付ファイルを扱うことができるので、例えば会社に忘れてきたOffice文書のファイルを、外出先で他の人のPCを借りて受信するといったワザが可能になる。基本的にプレーンなテキストしかやりとりができない、ほかの「捨てアド」サービスにはないメリットだ。

  • メッセージの新規送信の対象は、IDを持つユーザー、つまり本サービスの利用者に限られる

 IDとメールアドレスの有効期限はブラウザを閉じてから30分間。30分以内であれば同じIDとメールアドレスを継続利用できるので、PCやブラウザを再起動しなくてはいけなくなった場合でも問題なく対応できる。IDとメールアドレスは手動での無効化も可能なので、手軽に新しいIDとメールアドレスを取得することができる。

 メールアドレスのQRコード表示に対応するほか、mbox形式でのメールのエクスポートにも対応するなど、いわゆる捨てアド系のサービスの中では異色とも言える多機能ぶりが売りになっている。

 難点としては、IDという独自概念がいまいちつかみにくく、使い方が直感的にわかりづらいことが挙げられる。また「受信ボックス」「送信ボックス」といったなじみのあるワードではなく、「メッセージを送る」「あなたのメッセージ履歴」といった、ピンと来ないワードが用いられている点も、ややマイナスだと言える。サービスそのものが多機能であることの裏返しだとも言えるが、単発で使うことも多いと考えられるだけに、わかりやすさの面ではさらなる進化を期待したい。

 また今回の試用中、過去に利用されていたと思われるIDが偶然表示され、スパムメールがメッセージ履歴にずらりと表示されることがあった。期間をあけてメールアドレスを再利用している以上、このような可能性も当然生じる。同様の事態が発生した場合は、IDを手動で取得し直すのがよいだろう。

  • 送信したメッセージは、相手の「あなたのメッセージ履歴」に表示される

  • 返信ボタンを押すと返信ができる。引用はできない

  • 送信メッセージと受信メッセージはいずれも「あなたのメッセージ履歴」に表示されるため、見分けがつきにくい

  • IDを持たない外部ユーザにメールを送るには、相手からのメールに対して返信という形でメールを作成する。ファイルの添付も可能だ

  • 連絡inから受信したメール。連絡inを利用して送信されていることがフッタに明記される

  • IDとメールアドレスを再利用しているため、過去に同一IDを利用したユーザに対して送られたと思われるメールが表示されることがまれにある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加