ブラウザからラジコンを遠隔操作できる「Joker Racer」、ベータ版を公開

鳴海淳義(編集部)2009年08月26日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイドフィードは8月26日、インターネットからラジコンをリアルタイムに遠隔操作できるサービス「Joker Racer」のベータ版を公開した。

 Joker Racerは、ラジコンにLinuxサーバとウェブカメラ、マイク、無線LANを搭載することでインターネットに接続し、ブラウザからリアルタイムに遠隔操作できるサービス。

090826_joker.jpgJoker Racerの操作画面

 サイトにアクセスすると、専用のコースの中でラジコンを自由に走らせることができる。ラジコンからの映像はブラウザにほぼリアルタイムで配信され、映像を見ながらキーボードでラジコンを操作できる。操作中はほかのユーザーや閲覧者とチャットを楽しめる。操作した映像は保存され、音声つきで再生できる。

 Joker Racerは、オライリーが5月に主催したイベント「where 2.0」で発表された。8月21日にアジャイルメディア・ネットワークが開催したイベント「WISH2009」でAMN賞と大賞をダブル受賞した。

 ベータ版に登録すると先着順に無償でポイントが付与される。ユーザーはそのポイントを使って実際のラジコンを操作する。ポイントの配布は1日25人に限定され、操作可能時間も1日数時間のみとなる。

 なお、ラジコンの電源が入っているかどうかは随時Joker Racerのtwitterアカウントで通知される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加